サイト売買やサイトMAの手数料が無料

サイト売買のサイトマッチ > サイト売買知識 > サイト売買のHow toをわかりやすくご紹介!体験談もアリ
更新日 2017/02/22 この記事は約 7 分で読めます。

サイト売買のHow toをわかりやすくご紹介!体験談もアリ

パソとお金

アフィリエイトで稼いでいるサイトを売ることができる、ということをご存知ですか?

「本業が忙しくなってきたし、売ってみようかな?」
と思った方……。
現在のサイト売買の市場は、「買いたい!」という人がたくさん!
つまり今が売り時なのです!

でもサイト売買ってどんな感じなのかまったく想像がつかないですよね……。
今回はサイト売買について簡単にご紹介いたします!

そもそも『サイト売買』って?

疑問
サイト売買とは文字通り、サイトを買ったり・売ったりすること。
インターネット広告で稼ぐアフィリエイトサイトだけでなく、会員を抱えるオンラインショップサイトやポイントサイト、まとめサイトなどさまざまな種類のサイトが取引されています。

先述しましたが、現在のサイト売買の市場は「売り手」が「買い手」に比べ極端に少ないのです。
それはサイト売買市場のことを知らないから。

そのためサイトを続けられない人の多くは、泣く泣く閉鎖してしまうのです。

どれくらいの価格で売れるの?

アフィリエイトサイトを例にとります。

たとえば毎月100万円ほどの売り上げを出しているサイトなら、2000万円ほどで取引されています。
「2000万円⁈」と驚かれるかもしれませんが、月々100万円(しかも工夫次第ではそれ以上)が売り上げとして入ってくるのです。
早ければ2年以内に元手を回収できると思えば、買い手にとってまさに「おいしい」サイトなのです。

サイト売買の相場はどれくらい?

電卓
まだ認知度も低くなかなか確立した相場というのはありませんが、サイトの収益の15~20か月分といわれています。

ネットショップ

ネットショップであれば利益の15~20か月分が目安。

たとえば売り上げが100万円で、仕入れ値、人件費、広告費が50万円なら利益は50万円ですよね。
50万円×20か月分=1000万円が売却価格の目安です。

注目されるポイントは

・会員数
・メルマガ数
・集客状況
・販売商品

など。

アフィリエイトサイト

アフィリエイトサイトは毎月売り上げが安定しませんよね。
とはいえ大幅な増減もありません。
それを加味し、月々の売り上げ×15~20か月分が目安。

注目されるポイントは

・メルマガ数
・SNSのアカウント状況
・集客状況
・トレンドに影響されないか

など。

売れるサイトって?

ではどんなサイトがより高く売れるのでしょうか?
おおまかなポイントをまとめてみました。

高利益を出している

シンプルなポイントとして、「高利益」。
売却価格の目安が「毎月の売り上げ×15~20か月分」なので、毎月の売り上げが高ければ高いほど
売却価格も高くなります。

訪問者数・プレビュー数・会員数が多い

毎月の売り上げが少なかったとしても、訪問者数・プレビュー数・会員数が多ければ高く売れます。
それは買い手が「工夫次第で売り上げを伸ばせる!」と自信があるから。

検索順位が上がりきっていない

検索順位が上がりきっていないサイトも高く売れる可能性があります。
こちらも買い手の工夫次第で検索順位が大幅に上がる可能性があるためです。

スマホ未対応

スマホ
サイトがスマホ未対応であれば、スマホ対応するだけでも売り上げが大幅に上がる可能性があります。
そのため高く売れますよ。

デザインが「ダサい!」

「この本、内容はいいんだけどイラストがダサい……」なんてことありませんか?
デザインがダサいと、いくら内容がよくてもお気に入りにはなりにくいですよね。

買い手にとったらデザインさえ変えてしまえばいいのだから、スムーズに売れますよ。

ASPが限られる

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)、つまりインターネット広告が限られたものしかなければ
買い手はそれを増やしたり買えたりすれば高い収益を望めるため、高く売れます。

売れないサイト

では売れないサイトとはどんなサイトなのでしょうか?

管理人が評価されている

管理人の個性が評価されている場合、残念ですが売れません。
なぜなら管理者が変われば質も変わってしまうからです。

集客経路が検索エンジンに頼りきり

集客経路が検索エンジンに頼りきりだと売れません。
常に検索エンジンでトップでなければ売り上げがないのですから、買い手には魅力に映りません。

無料ブログなど

アメブロなどは企業のサービスにより運営しているものなので売却できません。
規約でも決まっています。

AdSenseだけで売り上げが成り立っている

AdSenseとは、サイトに関係する広告を自動配信し、それで得た収入が支払われるというもの。
それだけで売り上げをあげていても売却はできますが、もし買い手がAdSenseのアカウントを停止させられた人物なら、
サイトの審査が通らない可能性があります。

楽天ショップなどのお店

こちらは規約で売買を禁止されています。
独自のドメインで運営しているサイトなら問題ありません。

違法な手法で検索エンジンを上げている

違法とまではいかなくても、違法に近い状態で検索エンジンを上げている場合も売れません。
「バレないでしょ」と思われるかもしれませんが、案外簡単に見破られますよ。

もしそれでも売却した場合、最悪訴訟にまで発展することも。

サイト売買で気をつけたいこと

今度はサイト売買で気をつけたいポイントをご紹介します。

売り手側が気をつけるポイント

買戻し契約をつけない

契約書に買戻しの項目があった場合、同意してはいけません。
後日、売り手に不利な条件での買戻しを要求される可能性もあります。

真実だけ伝える

「できるだけ高く売りたい!」という気持ちからさまざまな数字に少しだけ上乗せしたくなるかもしれませんが、
すぐに嘘だとわかります。
最悪の場合訴訟まで発展することもあるので、真実だけ伝えましょう。

競合禁止条項に気をつける

どうしよう
売主が売却するサイトと同じようなサイトを持っていた場合、買い手にとっては最初から協力なライバルがいることになります。
買い手にとっては重大なことなので競合禁止条項をつけることがよくあります。

今後作る場合も気をつけなければいけませんが、現在持っているサイトもその競合サイトに該当するのか?
そしてどの程度で競合するサイトになるのかをはっきりさせておかないと、訴訟に発展してしまうこともあります。

買い手側が気をつけるポイント

情報が正しいのかを見極める

開示されている情報が果たして本当なのかをきちんと確認します。
いざ購入後に「違う!」となったとき、訴訟もできますが時間も労力もかかってしまいます。

不利益がないか確認する

・違法に近い状態で検索エンジン対策していないか
・在庫をきちんと仕入れられるのか
・著作権など、法律に違反していないか
・トレンドに大きく影響されないか
・管理者が変わることにより、信頼度が低下しないか
・サイト更新が難しくないか
・広告主がきちんと広告を提供し続けてくれるかどうか
・常に更新しないといけないか?
・専門技術が必要かどうか

これらが買い手側が不利益になってしまうポイントです。

ネットに詳しくなければ買わない

「むちゃくちゃ詳しい!」という必要はありませんが、クリックと言われて画面を触るくらい詳しくなければやめておきましょう。
うまく言いくるめられて「できるかも?」と思っても、いつか問題が起きてしまいます。

それでも購入するのであれば、専門業者などを頼りましょう。

サイト売買を仲介している人ってなにしてるの?

サイト売買の仲介者は何をしてくれるのでしょうか?

第三者として中立的な立場にいてくれる仲介者。
もし以下のことを行ってくれなければ信頼しない方がいいかも?

売却サイトの確認

売却されるサイトの確認をしてくれます。
売主が数字をごまかしていないかなどをチェックし、買い手に伝えてくれます。

売上金の預かり

取引がきちんと終わり、譲渡まで完了したのを確認すると仲介者が売上金を払い込んでくれます。
手数料などは仲介者によって違いますので、事前に確認しておきましょう。

顔合わせ

売主、買い手、仲介者、そして弁護士を含んで顔合わせを行います。
その際に契約書を作成します。
もし疑問点があれば、このときにすべて解決させておきましょう。

契約書を作成

売り手・買い手に不利のないような契約書を、担当してくれる弁護士が作成してくれます。

サイトを譲渡する作業

基本的には売り手・買い手が行うことですが、わからないことがあれば対応してくれます。

とある売却主の体験談

喜び
とある売主が数年前に売却した体験談をご紹介します。

たった数年前とはいえ、相場がまったく違います。
ネットショップの相場は利益率10か月分、アフィリエイトサイトの相場は売り上げの6か月分……。
やはり売り時は今なのです。

そしてきちんとサイトの調査をされるため、絶対に虚偽報告はできません。

また、Googleのアナリティクス(データ解析)は信ぴょう性が高いため、売却予定がしばらくなかったとしてもやっておいて損はありません。

さらに、意外かもしれませんが早ければ3か月以内に売れることもあります。

とはいえ数社から連絡が来るかもしれませんが、妥協したりせず、自分の希望を叶えてくれるところと取引しましょう。

サイト売買のサイト

サイト売買のサイトとして、いくつかラインナップしてみました。

サイトストック
サイトM&A byGMO
サイトキャッチャー
サイトレード
サイト売買屋さん
サイト楽市
サイトバンク
プレミアM&A
サイトボックス
サイトサクセス
サイトトランスファー
サイト売買.com
アダルトレーダー
サイト売買ナビ
バイセルオークション
サイト市場

まずは無料査定

自分のサイトが思っているよりだいぶ高額で売れる、ということは夢物語ではありません。

もし気になっているなら、まずは査定してみてはいかがでしょうか?
仲介サイトによっては無料で査定してくれますよ。

カテゴリー